<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Getty Museum

LAといえばここ。いかないとね。

石油王のゲッティの私邸を美術館として公開している、ゲッティミュージアム。
太陽の日差しが反射して、真夏なのにスキー場にいるかのよう。すべてが白いこの城に人が住んでたとは思えないけどな。

山の頂上に立つこの巨大な建物。LAのダウンタウンを見下ろせる絶好のスポット。夜景いいかも!しかし閉館は6時だそうで。いそいで見て回らねば。なんせ広いもんで。
ここは駐車場の7ドルをのぞいて一般入場料もタダだし特別展(今回はレンブラント!)もタダ。しかも特別展の音声ガイドの貸し出しも。施設の維持だけでもかなり大変なはずなのにこんなにいっぱいの人が働いて、フリーなんて、どんだけ金持ちなんだ?

毎日行われている建築ガイドツアーに参加してみる。外観のみだが、ボランティアおばあちゃんの説明に聞き入る。ふむふむ、なるほどね。と分かったつもりで終了。なんとなく分かっただけでもよかったな。


つづく。(きょうはもうねる)
e0015714_21584439.jpg

[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-29 20:10 | 2005・夏

Whole foods market

自然食品の店、Whole foods marketへチャリででかける。
メットなしで白昼チャリに乗っている人なんていませんよ。だからか、私がいかにもよそ者然していたからか、車の中からの視線が痛い。
とにもかくにも、ハイウェイの向こうは危ないよ、といわれつつもハイウェイのむこうへ。たしかにハイウェイ近くはメキ(メキシコ人)が多い。そんな危ない感じでもないけどちょっと用心しなきゃ。向こう側は奥までいかなければ危なくなさそう。よかった、マーケットが近くで。

ガイドブックによるとカリの人々は健康志向らしい。うそくせえ~
で、こWFMがそこらにある。らしい。たしかにいっぱいWFMありますけどね。本当に健康志向なのかしら?


お店は紀伊国屋みたいな雰囲気。

他の量販店とは違い、ちょっと落ち着いたかんじだし、ケミカルフリーのコスメや栄養剤なんかも充実。野菜はすべて無農薬野菜なのか、めちゃ高い。アボガドがあめりかで3ドル!こりゃ日本より高い!わかもーれつくろうとしたけど断念。出来合いのワカモーレを購入。あら切りチリがいっぱいでした。辛くなくってよかった。
しかし店の清潔感はダントツだな。これでもか、というくらいずっと掃除してる。なんだかやっぱり買わない品物をもとある場所にちゃ~んと戻さないと非常に悪いことをしたような気になってしまうのはなぜ?アメリカなのに、ここ。

約二時間、狭い店をぐるぐる回り、家路に着く。
あ~たのしかった!

…そして。

カメラ落とした!!!があああああん

店の外観撮ろうと思いカメラをなぜかポケットに。そのまま忘れてちゃりに乗る。
がっちゃん。
デジカメをコンクリに叩きつけてしまいました。
しょんぼり。

これからが旅の本番なんですけど。

困りました。
[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-29 19:55 | 2005・夏

ファミマができた!

 二日目part2
こっちに来てセブンイレブンは割りと街の角で見かけたが他のコンビニはあまり目にしていないなあ。と思っていると昨日、サンタモニカというところにファミマが出来たらしい。日本大好きなステイ先の日本人は期待大。張り切って出かけてみました。

 今までも実はファミマがあったようだけれど、個人経営で、ファミマという屋号だけ貸していたようだ。(つまりFC?)しかし今回は商品の55%が日本製品、日本本社の管轄ということで彼女たちはかなり期待していたようだ。でも期待はずれだと凹むからたいしたことないと思い込もう!といいきかせていたようです。…それがいいと思う。笑

 さて、入ってみよう…
ほう、なんかオシャレじゃん。立地はおしゃれスポットじゃないんだけどな。新宿のオフィスビルの一階にこういうコンビニあったな。床は濃い色の木で白いかべ。ポイントカラーはイエローグリーン。
 置いてある商品はポッキーやおにぎりもあったけど半分以上日本製品ってことはないなあ。お弁当もcalifornia roll ,konbu onigiri ,soba noodle,damame,greentea moose...etcそれでもやっぱり日本食よりサンドウィッチやらドーナッツが多い。彼女たちに言わせると日本人街のスーパーのほうがずっと日本の物買える!とちょいキレ気味。だから期待しないほうがよかったじゃん笑
 セルフのドリンクスタンドとイートインできるスペースがあり、ここでここで軽食。ハムチーズのパニーニ5.5ドル。高くないかな?

 そしてわらえるハプニングが。オープニングキャンペーンでガラガラをやらせてくれた。フリーだって。始めに友人がガラガラ…お!!金!!!!ファミママグが大当たり!いきなりの一等賞に焦る。店員も一番が出るとは思わずにいたのか、マグどこだっけ?と探し出す。笑  さてさて、次は私の番。ガラガラ・・・え?!銀!!ファミマタンブラー当たった!でかい!荷物になる!でもレアだし、もらっとこ。

ふむ。まーすぐつぶれそう。笑
e0015714_2230424.jpg
e0015714_22334042.jpg
e0015714_2235532.jpg

[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-23 05:52 | 2005・夏

Disney concerthall by Frank O Gehry

e0015714_22453146.jpg
e0015714_22411299.jpg

アメリカに着いて2日目。
友人のリサの家に泊まらせてもらい、彼女の友達に車を出してもらいダウンタウンに。
アメリカって本当に車ないと生きていけないと実感。

 そして今日はフランクOゲイリー作ウォルトデズニーコンサートホールを見に行ってきた。
ゲイリィーの作品を初めて生で見てびっくり。本当によくもこんなもん作ったなあ~と感心してしまう。とにかくグネグネ。無駄なスペースいっぱい笑 しかしランドマークとしてはとても目立つし、いいのかも。人工的な素材の外壁、有機的な形態、そして綺麗にていれされた庭。この庭にはデズニーの不思議に国のアリスに出てくる化け猫が住んでいそうな木がいっぱい。小さなガーデンだけれど、とても美しい。こうも日差しが強いとこういう小さなグリーンスポットが心地よい。日本のビル街にも木を植えればいいのに。手入れの人件費と建築構造的に費用かさむかァ。
 写真のサイズを小さくするソフトがないので今回の写真は日本にかえってからアップします。残念!
  (どんな建築物か参考までに

 とにかく日差しが強い…
 
 #####################################

今日の買い物 バスタオル 4ドル

to be continued...
e0015714_22401836.jpg
e0015714_22404260.jpg
e0015714_22413676.jpg

[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-22 14:48 | 2005・夏

ん~解せない。

就活をしてみましたが、その会社から最終面接の電話があった。
が、アメリカ渡航するためその日程は無理、と伝えると、
じゃあ今回はなかったということで・・・みたいな事をいわれた。

前回の面接であれだけ今回のアメリカ行きについてのプレゼンして、その日程駄目だよ、って言ったのに。
小さい会社なんだから連絡事項をもっとちゃんとせい!

結局粘って、帰国後にもう一度面接することに。
電話口のお姉さんは非常に怪訝そうでした。

そしてもう一つ解せないのは今後の運営について。
今話題のアスベストが関わってくるのだがそれにまつわる対策ちゃんとしてるのかしら?
また、施工の際に排出されるフロンについても。
後々、法規制されるために事業の先細りは必至。
だからほかの事業やってます、みたいな。

それってどうなんでしょ。
そういうものなのかな、会社とは。
なんだかひじょ~に解せない。
無責任なような気がするのですけど。
[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-15 13:03

へそくり発掘

すっかりその存在そのものを忘れていたへそくりが見つかった。

かっこよく言えば外貨預金?
旅行して、余った外貨を瓶の中に突っ込んだだけだし、瓶だから目立つ。
よって、へそくりとは言いがたい。
おやおや、いろんなお札やコインが入っているぞ。
カナダにアメリカ、オーストラリア、ユーロ。まあ、いろんなとこ旅したものだな、この4年間。
そして印象的なのはブラジル。お札の裏は豊かな自然に生きている動物が色々描かれてい る。たしか100へアイスはヒョウみたいなやつではなかったかな?
そして秋にはUSドルがこの瓶に仲間入りする予定――
ワークショップに参加するために、この夏はアメリカはLAとアリゾナの砂漠に行ってくる。

  *http://www.arcosanti.org/(英語)
  *http://art-random.main.jp/community/02-006.html(日本語・詳細アリ)

大学一年の授業で紹介され、気にはなっていたものの、へそくり瓶と同様、すっかり忘れていた。
その当時は世界中からボランティアの集まるワークショップ、くらいにしか認知していなかったし、楽しそうだな~くらいにしか思っていなかった。

そして今年、雑誌の一ページを見たことで、このワークショッププロジェクトが今私のやりたいことに合致していることを知る。

 ここへ行って、何を得ることができるのだろう。
 何しに行くのか?と問われると、スパッと回答できない自分がいる。
 技術の習得、というよりは哲学の一端を感じることに今は意味があるのだろうと思う。
 しかしどんな体験だろうと後々の私に間違いなくプラスになる旅に間違いない。

そういう匂いが特にこのワークショップにはするのだ。



そういえば50ドル入っていたな、とおもったら、70ドルもへそくり瓶に入っていた。らっき~
そんな思いがけないハッピーがある旅になりますように。

 
[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-12 10:58

dmp@oefjpjae

asgbcikuhcfuhefbkjbv SIOdyhg@
[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-01 00:46