カテゴリ:2005・夏( 7 )

Arcosantiとは?2

今回は主宰者、パウロ・ソレリのおはなし。

e0015714_24592.jpg
御歳86歳のイタリア系アメリカ人。ウチのおじいさんにそっくりなため、かなりホームシックになりそうだった。

建築家というよりは哲学・思想家というかんじ。だってあまりにも壮大なイメージと思想ゆえに、実現した建築物は非常に少ない。最近は宇宙住居のデザインを発表。そのくらい壮大なほうが彼の思想にはピッタシかも。
*これはうちのおじいさん↓

e0015714_243712.jpg

ソレリはイタリア生まれイタリア育ち。アメリカに来たのは1947年。近代建築の巨匠・フランクロイドライトの元で研修生として働いていたが、キックアウトさせられたらしい。(一説にソレリがいつも洋服を着ていなかったからとか。いつも水着だったらしい。まあ、アリゾナは暑いけどね…)ライトといえば、帝国ホテルを設計したお方です。まあ、その後イロイロあってイタリアに帰ったりアメリカ戻ったり。結局、アリゾナに住み着いて、1970年に現在のアーコサンティの土地を買い、アーコプロジェクトを開始。当時のヒッピーが相当住み着いていたらしく、常に100人程の人々が参加していたらしい。そしてどんどん人は減り、今に至る。

ワークショップのプログラムでソレリを囲んでのディスカッションミーティングが週一のタイミングで行われる。主に「文化の継承とその責任は誰にあるのか?」「宗教とコミュニティー」「アーコサンティ産業化計画」「アーコサンティの将来」etc...かなり難しい。日本語であったとしても私は完璧に理解したとは言い難い。正直、話の内容がわかってきたのは2回目以降で、しかも完璧には理解していないので議論の内容は正確にここで解説できません。悪しからず。ほかの機会に回します。

ソレリは非常に温厚な人物で、シャイだ。こちらからどんどん質問し投げかけないとおそらく全然話さないかなー。このアーコサンティプロジェクトは彼の人柄あってこそ実現しているような気がする。あのお茶目なキャラクターあってこそのアーコサンティ。彼の死後は一体どうなるんだろう。(縁起でもないが)この点はみな気になっていて、よくワークショッパーとも議論したものだ。
[PR]
by indigoarie22 | 2005-10-08 02:00 | 2005・夏

Arcosantiとは?

e0015714_22295699.jpg


アメフトの話なんか書いてると、お前は一体学校休んでまで何しに行ってきたんじゃ、という声が痛いほど聞こえてきそうなので、まじめに何をこの夏してきたかのレポートをしようと思います。

この夏は5週間のワークショップに参加してきました。ワークショップとは参加型の教育・学校とでも言うのでしょうか?今回参加したアーコサンティワークショップはあえて分類するならば建築のハンズ・オン・ワークショップです。実際、アーコサンティは建築家の間で賛否両論ですが私はかなり有意義な活動ではないかと思っています。

Arcosantiとは?
 イタリア系アメリカ人の建築家・思想家・哲学者?Paolo Soreli(パウロ・ソレリ)齢86による理論・Arcologyを基本として作られた実験都市。といっても30年以上この都市の建築が続けられているが実際の3%ほどしかいまだにできていない。いっつも資金不足なので建設がおっつかない状況です。今まで、延べ5000人を越えるワークショップ参加者やボランティアなどが建設に携わっており、多くの建築家がここを訪れているらしい。

 最終的には5000人が住む都市になる予定。予定は未定。
[PR]
by indigoarie22 | 2005-10-02 22:45 | 2005・夏

アメフトを観た

e0015714_12404215.jpg


アリゾナのアーコサンティのあと、彼とLAへ。私の高校の友人宅に転がり込み、ひっじょ~うにお世話になってしまいました。ありがとう、りぃさ!

基本的には二人でレンタしてだらだら面白くないLAをふらふら。

そしてLA最後の日・私がメキシコへ行く日、アメフトを観たいと言い出した。ええ、私とくに興味ないんだけどな。ま、いっか。
じゃあ、いこうか、というと目の色を変えて「ウクラ、ウクラ、ウクラ!」(UCLAをイタリア的に読むとこうなるのかな?)とコールし始めた・・・ナンダこの人。

この日はUCLA vs RICE のユニバーシティーマッチ。もう絵に描いたようなアメリカ。ちょっと夏の甲子園チックだったかな。

まず、会場に入る前が面白い。やっぱり車社会だから皆車で会場に来る。こんな大量に車止められる所なかったよな、たしか・・・?と思ったら案内されたのは隣のゴルフ場!芝生、いいんですかね?冗談で「きっとグリーンの上にパーキングするんだよ、はははー」とかいってたらホントでした。そしてみんなマッチスタートするまでゴルフ場でバーベキュー。アメリカ人ってほんとおばか。
e0015714_13451121.jpg
綺麗なねえちゃんがチアでああ、あれがアメリカンビューティーなんだなあと実感。ストレートヘアの長い髪をなびかせながらSEXY DANCING。おお。

そしてやっぱりホットドッグ。今回は遠慮いたしました。もうたんとホットドッグ頂きましたから。
よくもそこのおデブ、そんなまずそうなもの食えるよなー。彼の食べているのはチップスにどろっとしたチーズをチップスが見えなくなるほどかけた品。うげえ。

e0015714_1258031.jpg


試合は、というとなかなか時間のかかるスポーツでした。こっちはメキシコ行きのフライト控えて時間が迫ってるから気が気じゃないし。トライすると異常な盛り上がりでチア器械体操隊が巨大な旗をもって走り回り、コートの端をバック転しながら走ってるし。

やっぱりバスケットの方が観ていて楽しいかな、リズミカルで。
[PR]
by indigoarie22 | 2005-10-02 13:46 | 2005・夏

Getty Museum

LAといえばここ。いかないとね。

石油王のゲッティの私邸を美術館として公開している、ゲッティミュージアム。
太陽の日差しが反射して、真夏なのにスキー場にいるかのよう。すべてが白いこの城に人が住んでたとは思えないけどな。

山の頂上に立つこの巨大な建物。LAのダウンタウンを見下ろせる絶好のスポット。夜景いいかも!しかし閉館は6時だそうで。いそいで見て回らねば。なんせ広いもんで。
ここは駐車場の7ドルをのぞいて一般入場料もタダだし特別展(今回はレンブラント!)もタダ。しかも特別展の音声ガイドの貸し出しも。施設の維持だけでもかなり大変なはずなのにこんなにいっぱいの人が働いて、フリーなんて、どんだけ金持ちなんだ?

毎日行われている建築ガイドツアーに参加してみる。外観のみだが、ボランティアおばあちゃんの説明に聞き入る。ふむふむ、なるほどね。と分かったつもりで終了。なんとなく分かっただけでもよかったな。


つづく。(きょうはもうねる)
e0015714_21584439.jpg

[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-29 20:10 | 2005・夏

Whole foods market

自然食品の店、Whole foods marketへチャリででかける。
メットなしで白昼チャリに乗っている人なんていませんよ。だからか、私がいかにもよそ者然していたからか、車の中からの視線が痛い。
とにもかくにも、ハイウェイの向こうは危ないよ、といわれつつもハイウェイのむこうへ。たしかにハイウェイ近くはメキ(メキシコ人)が多い。そんな危ない感じでもないけどちょっと用心しなきゃ。向こう側は奥までいかなければ危なくなさそう。よかった、マーケットが近くで。

ガイドブックによるとカリの人々は健康志向らしい。うそくせえ~
で、こWFMがそこらにある。らしい。たしかにいっぱいWFMありますけどね。本当に健康志向なのかしら?


お店は紀伊国屋みたいな雰囲気。

他の量販店とは違い、ちょっと落ち着いたかんじだし、ケミカルフリーのコスメや栄養剤なんかも充実。野菜はすべて無農薬野菜なのか、めちゃ高い。アボガドがあめりかで3ドル!こりゃ日本より高い!わかもーれつくろうとしたけど断念。出来合いのワカモーレを購入。あら切りチリがいっぱいでした。辛くなくってよかった。
しかし店の清潔感はダントツだな。これでもか、というくらいずっと掃除してる。なんだかやっぱり買わない品物をもとある場所にちゃ~んと戻さないと非常に悪いことをしたような気になってしまうのはなぜ?アメリカなのに、ここ。

約二時間、狭い店をぐるぐる回り、家路に着く。
あ~たのしかった!

…そして。

カメラ落とした!!!があああああん

店の外観撮ろうと思いカメラをなぜかポケットに。そのまま忘れてちゃりに乗る。
がっちゃん。
デジカメをコンクリに叩きつけてしまいました。
しょんぼり。

これからが旅の本番なんですけど。

困りました。
[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-29 19:55 | 2005・夏

ファミマができた!

 二日目part2
こっちに来てセブンイレブンは割りと街の角で見かけたが他のコンビニはあまり目にしていないなあ。と思っていると昨日、サンタモニカというところにファミマが出来たらしい。日本大好きなステイ先の日本人は期待大。張り切って出かけてみました。

 今までも実はファミマがあったようだけれど、個人経営で、ファミマという屋号だけ貸していたようだ。(つまりFC?)しかし今回は商品の55%が日本製品、日本本社の管轄ということで彼女たちはかなり期待していたようだ。でも期待はずれだと凹むからたいしたことないと思い込もう!といいきかせていたようです。…それがいいと思う。笑

 さて、入ってみよう…
ほう、なんかオシャレじゃん。立地はおしゃれスポットじゃないんだけどな。新宿のオフィスビルの一階にこういうコンビニあったな。床は濃い色の木で白いかべ。ポイントカラーはイエローグリーン。
 置いてある商品はポッキーやおにぎりもあったけど半分以上日本製品ってことはないなあ。お弁当もcalifornia roll ,konbu onigiri ,soba noodle,damame,greentea moose...etcそれでもやっぱり日本食よりサンドウィッチやらドーナッツが多い。彼女たちに言わせると日本人街のスーパーのほうがずっと日本の物買える!とちょいキレ気味。だから期待しないほうがよかったじゃん笑
 セルフのドリンクスタンドとイートインできるスペースがあり、ここでここで軽食。ハムチーズのパニーニ5.5ドル。高くないかな?

 そしてわらえるハプニングが。オープニングキャンペーンでガラガラをやらせてくれた。フリーだって。始めに友人がガラガラ…お!!金!!!!ファミママグが大当たり!いきなりの一等賞に焦る。店員も一番が出るとは思わずにいたのか、マグどこだっけ?と探し出す。笑  さてさて、次は私の番。ガラガラ・・・え?!銀!!ファミマタンブラー当たった!でかい!荷物になる!でもレアだし、もらっとこ。

ふむ。まーすぐつぶれそう。笑
e0015714_2230424.jpg
e0015714_22334042.jpg
e0015714_2235532.jpg

[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-23 05:52 | 2005・夏

Disney concerthall by Frank O Gehry

e0015714_22453146.jpg
e0015714_22411299.jpg

アメリカに着いて2日目。
友人のリサの家に泊まらせてもらい、彼女の友達に車を出してもらいダウンタウンに。
アメリカって本当に車ないと生きていけないと実感。

 そして今日はフランクOゲイリー作ウォルトデズニーコンサートホールを見に行ってきた。
ゲイリィーの作品を初めて生で見てびっくり。本当によくもこんなもん作ったなあ~と感心してしまう。とにかくグネグネ。無駄なスペースいっぱい笑 しかしランドマークとしてはとても目立つし、いいのかも。人工的な素材の外壁、有機的な形態、そして綺麗にていれされた庭。この庭にはデズニーの不思議に国のアリスに出てくる化け猫が住んでいそうな木がいっぱい。小さなガーデンだけれど、とても美しい。こうも日差しが強いとこういう小さなグリーンスポットが心地よい。日本のビル街にも木を植えればいいのに。手入れの人件費と建築構造的に費用かさむかァ。
 写真のサイズを小さくするソフトがないので今回の写真は日本にかえってからアップします。残念!
  (どんな建築物か参考までに

 とにかく日差しが強い…
 
 #####################################

今日の買い物 バスタオル 4ドル

to be continued...
e0015714_22401836.jpg
e0015714_22404260.jpg
e0015714_22413676.jpg

[PR]
by indigoarie22 | 2005-07-22 14:48 | 2005・夏