中央線

今年も残すところ後わずか。ブログに書こう書こうと思っていたトピックを書いてしまわなければ。

私は自転車通学で中央線の踏切を毎日わたっています。現在高架化工事中の中央線。開かずの踏切になってしまっているところも少なくない様子。開かない踏切に業を煮やした待ち人を線路内に入れないためか、はたまたなんとなく一応管理してます、ってことなのか。どんなに小さな踏切でもお兄さんが24時間警備員として常勤している。

毎朝、おはようございます、と声をかけ、夜中は今晩わ、と挨拶をする。子供連れが通れば子供に声をかける。JRはフレンドリーなJRを演出しようとしているのだろうか?と思えるほどに。こんなに疑いの目で見なくてもいいものだが、今年の列車事故を思うと業界のイメージアップが下心にあるのではないかと思ってしまう。まあ、お兄さんが単純にちゃらいってことも言えますが。

先日、その踏切で、お兄さんに秘密を握られました。
夜遅くまで学校に残っていて、24時を回っていたその帰り道。あまりにも空腹だったため、パンをコンビニで購入し、暗い夜道をチャリに乗りながら誰もいないだろうと思いパンを食べ家路を急いでいた。踏切へ着くといつもの遅番の2人のお兄さん。おつかれさま〜と心の中で挨拶をし、通り過ぎようとすると、やたらと見られている。自意識過剰もいいところだ。と、思い家へ到着。鏡を見て唖然。ドウリで見られている訳です。口の周りにチョコレートがついてました。

それからしばらくは違う踏切を通るか、早めに帰宅と相成りました。
お兄さん、私の顔忘れてください。。。笑
[PR]
by indigoarie22 | 2005-12-29 22:28 | 最近のアタクシ
<< 少女回帰するおばさんの怪 今年は家電厄年? >>